化粧水でニキビケア - ニキビって、どうしてできるの?

ニキビ跡 消す 化粧水 → ニキビ跡を消す化粧水│ニキビ発生のメカニズム

ニキビ跡を消す化粧水│ニキビ発生のメカニズム

大切な日に限って赤くプックリとできてしまったりするニキビに、悩まされた経験のある人は多いでしょう。日々、繰り返すニキビがストレスとなって、悪循環を生んでいる人もいるかもれません。気づいたらできていることが多いニキビですが、どういったメカニズムでニキビはできるのでしょうか。
ニキビ跡を消す化粧水、おすすめランキング!

私たちの体毛が生えてくる毛穴には、皮脂腺と言われる皮脂を分泌する器官があります。皮脂は私たちの皮膚を乾燥から防いだり、外部の刺激から皮膚を保護したりと、本来なくてはならないものです。

しかしそれはあくまで“適切な量”が“適切なタイミング”で分泌されている時の話であり、それらが適切でなくなるとさまざまな肌トラブルの原因となります。

たとえば皮脂の分泌量が増えすぎると、それに伴って分泌元である皮脂腺も大きくなります。大量の皮脂が、アクネ菌をはじめとした菌によって分解されます。増えすぎた皮脂や分解された皮脂は毛穴からうまく脱出できず、そこにつまってしまうのです。

つまると角質層の新陳代謝もスムーズに行われず、硬く厚くなっていきます。ますます毛穴がつまりやすくなり、繁殖した菌の働きなどもあって炎症を起こします。これがニキビなのです。

ここで出てきたアクネ菌はニキビの原因菌として有名ですが、もともと肌に存在している菌であり、「アクネ菌が移ったからニキビができた」というものではありません。もちろん大量のアクネ菌はよりニキビを発生しやすくさせる可能性はありますが、ニキビの原因はそれ以上に皮脂の分泌によるところが多いでしょう。

一般的に思春期にニキビができやすいのは、皮脂分泌量が急激に増えるからと言われています。思春期の皮脂分泌の不安定な時期を乗り越え、安定してくるとニキビも自然に減ってくるのです。

しかし不規則な生活やストレスなどにより、おとなになってもニキビに悩まされる人が増えてきています。ニキビを予防、改善するには、ニキビの原因を探って根本的に解決していきたいものです。

ニキビによる赤ら顔の治療法

まるでお風呂上がりのように平常時赤ら顔になりやすい人がいます。これには様々な原因があり、体質や肌質にも関係しています。例えば、薄い皮膚を持つ方の血管が膨張すると、血液が透けて顔が赤く見える場合があります。

このケースは人前に出ると血管が膨張する方、気温の変化によって、毛細血管が集中する場所が赤く見える方とに分けられます。もうひとつ、皮膚自身が赤くなる場合。これは皮膚の炎症が原因です。肌が洗顔後のように突っ張ると感じたり、かぶれたりといわゆる肌荒れ症状です。

ニキビが原因で顔が赤く見える方は、ニキビだけの原因だけではなく、ニキビの周りにあるうっ血や、ニキビ跡が原因です。これらの症状は、発達した皮脂腺上にあることが特徴です。

ですので、皮脂腺が発達していない目の周りは赤くなりません。ニキビによる赤ら顔は、目の周りは本来の肌の色をしているにもかかわらず、その周りが赤身を帯びていることでわかります。

ニキビによる赤ら顔の対処法は、自己流では解決しないことがほとんどです。まずスキンケアから見直してみましょう。現在使用している洗顔料が自分と合わないのではないか、生活は規則正しいか、睡眠を充分にとり、肌のターンオーバーを促すように努力をしているかです。

またこのように見直したとしても、それで改善すればよいですが、なかなか化粧品を変えるというところから勇気が必要です。自己流のケアを続けて、後に跡が残ってしまうかもしれません。一度皮膚の専門医に診察してもらうことをお勧めします。

ニキビによる赤ら顔には、皮膚科ではIPLという治療法を施してくれます。IPL治療とは、光治療のことで、赤みと色素沈着を軽減させます。治療後は、赤みが出てしまうことがあるかもしれません。しかしなにより肌への負担が少なく、施術後はすぐにメイクをすることができます。

しかし医師の診察の結果、この治療法を受けられない場合があります。そのように同じ赤ら顔の治療でも、肌の状態によって治療法が変わってくるのですから、ますます自己流での解決は中止した方が無難なようです。

20代のニキビの原因と治し方

ニキビは年代によってその原因が異なりますが、特に他の年代と大きく原因が異なるのが20代以前の思春期にできるニキビ です。特に中学生から高校生の時期はニキビができやすい時期と言われています。

これは肌の環境が悪化しているという よりも、段々と成長が進むにつれて自然に起こるもので、ある意味ニキビができるのは成長がきちんと進んでいるという 証拠でもあるのです。思春期のニキビの原因とその対策についてお伝えします。

思春期のニキビはホルモンバランスが原因となって起こります。ホルモンバランスとは体内に存在している男性ホルモンと 女性ホルモンのバランスです。人の体内には男性にも女性にも男性、女性ホルモンの両方があり、バランスが保たれています。

男性ホルモンは男らしい筋肉を作る働きがあり、女性ホルモンは女性らしい体つきを作るのに役立ってくれる成分です。 両方がバランスを保って存在する事によって人の機能は保たれています。

思春期の頃はまだ成長過程で、このホルモンのバランスが不安的になりやすくなっています。男性ホルモンは皮脂を分泌する 働きが強いです。

そのため、ホルモンバランスが崩れて男性ホルモンが多くなると皮脂が分泌されやすくなり、肌に脂分が 多くなりやすくなるのです。

これは男性でも女性でも起こるので、思春期のニキビは性別に関わらず多くできる方は多いです。 このように、思春期のニキビは成長期の体の自然な働きによるものなのです。

自然なものだから仕方ないと言っても、思春期の頃は徐々に異性を意識し始める年代でもあり、やはりニキビが多くできて いるのは恥ずかしい、気になるといった方も多いです。

対策としては過剰になりやすい皮脂をなるべくきれいに落として清潔に 保っておくという事がポイントになります。洗顔をこまめにしてなるべくきれいに洗い落としておくようにすると、皮脂が 多くなったとしてもすぐにきれいな状態を保っておく事ができるので、ニキビの対策に効果的です。

ニキビの関連記事

ホルモンとニキビの関係

ニキビ治療にケミカルピーリング

ニキビ痕を残さないために